未分類

売れるコンセプトの条件とは?

須崎純一
こんにちは、須崎純一です。

須崎純一のプロフィール

売れるコンセプトの条件とは?

さて、前回は
「売れるコンセプト」の意味について
お話しました。

今回は、その「売れるコンセプト」になる
条件についてお話していきますね。

「売れるコンセプトの条件」は
この3つです。

売れるコンセプトの条件

1.「新しさ」がある
2.潜在的な悩み、欲求を顕在化している
3.シンプル&具体的(わかりやすい)

「新しさ」

「新しさ」は全くなくてもOKです。

組み合わせたり、
ニッチ化したり、
ターゲットをずらしたり、
ライバルと協調したり
・・・などなど

工夫次第で作れます。

“ちょいと目新しい”を目指すのがオススメです。

例えば、皆さんがお持ちのスマホでも

機種によって

「らくらくホン」のように
お年寄り向けに作られていたり、

画質の良さで勝負していたり、

ちょっとずつでも違いがありますよね。

逆に、
「どこかで聞いたことがある」
「誰かがやってた・・・」

というコンセプトでは売れません!

「潜在的な悩み、欲求の顕在化」

「そう、まさにそれなんです!わたしのいいたいこと!」

「なんで私の悩みがわかるんです?」

と見込み客に言わせてしまうくらい
抱えていた悩みを引き出すこと。

声に出してしまうくらいだったら
コンセプトとして強いですね(^^)

「シンプル&具体的」

とにかく難しい言葉を使わないこと!

具体的で明確な言葉選びが大切です。

「ターゲット」のお客様に
「自分のことかも・・・!?」
と気づいてもらえるように、

そして、誰が聞いても
同じイメージを持てるように気をつけてみましょう。

良いコンセプトが作れるようになるためには

良いコンセプトが作れるようになるには、
いろんなビジネスを見て、
「数」をこなして、センスを磨くのが一番です。

TV番組であれば、
「ワールドビジネスサテライト」、「ガイアの夜明け」
らへんがオススメ!

業種や規模に関係なく、
ビジネスの表裏がみられて
とても勉強になります。

ぜひ、「売れるコンセプトの条件」3つ

売れるコンセプトの条件

1.「新しさ」がある
2.潜在的な悩み、欲求を顕在化している
3.シンプル&具体的(わかりやすい)

を意識して、
コンセプトづくりをしていきましょう。

次回は
コンセプト作りの順番について
お話しますね

売れるコンセプトづくりの手順

ではでは~

無料で登録する

※登録特典あり!

  • この記事を書いた人

スザキジュンイチ

8年間で4社転職→社会不適合と自覚し逃げの起業→貯金をすり減らすも、FXで一発逆転を狙う→200万円の損失→経営塾で修行→起業コンサルデビュー→初クライアントさんが3ヶ月で月収7桁超え→月収8桁超えのクライアントを多数輩出→場所に制限がない「フーテンの寅さん生活」で全国を転々と

-未分類

© 2020 須崎純一のブログ