マインドセット

【営業が苦手!】セールスに対するマインドブロックの原因と解消法

2021年4月29日

もりのゆかアイコン(笑)
もりのゆか
こんにちは!
モチベーション担当の森野です

今日は、営業が苦手な方に向けて、セールスに対するマインドブロックの原因と解消法をお伝えしていきます。

営業が苦手な原因と解消法

セールスに対するマインドブロック

「お客様に商品・サービスを売る」などの、セールスに関してマインドブロックがあると、ビジネスをしていく中でさまざまな悪影響がでてきますよね。

中でも、セールスができない大きなデメリットは

収入があがらない

これが一番の悪影響ではないでしょうか。

もりのゆかアイコン(泣)
もりのゆか
そう、、そうなんです(←経験者)

「収入をあげたい」と思っているのに、「セールス(売る)」ことに対してブロックがあるというのは、完全に矛盾していますよね。

ロッキー
まさに負の連鎖ですな・・・

私もビジネス始めたての頃は「セールス(売る)」ことに対してブロックがありました。

  • これって高すぎるかな。
  • 取りすぎてないかな?大丈夫かな。
  • 実績もないのに売ってはいけないんじゃないかな。

と、お客様に「セールス(売る)行為」に対してとても抵抗があったんです。

というのも、なんとなく・・・「人からお金を奪っているのではないか」と不安だったからです><

▼「お金」に対するメンタルブロックの記事はこちら▼

こちらもCHECK

お金へのメンタルブロックをなくす方法
【保存版】お金へのメンタルブロックをなくす方法

続きを見る

5つのセールスブロックと解消法

あなたは「セールス(売る)」に対してマインドブロックはありそうですか?

▼セールスに対するブロックは以下の5つのタイプがあります▼

5つのセールスブロック

  • 実績ないない症候群
  • 周りと比べる症候群
  • 勝手に決めつけ症候群
  • 値引きしたがる症候群
  • 自信がないない症候群

これから一つずつ、詳しく解説していきます。

1.実績ないない症候群

「セールス(売る)」に対してのマインドブロック1つ目が「実績ないない症候群」です。これはビジネス初期の頃の実績がない、もしくは少ない時にありがちなマインドブロックになります。

実績ない人の思考例

  • 実績ないのに売っていいのだろうか…。
  • クライアントの結果がでなかったらどうしよう…。

このように、自分にまだ実績がないことで自信が持てず、その結果セールスできないというケースです。

もりのゆかアイコン(困)
もりのゆか
むむむ。わかりすぎる

「実績」がないことでセールスブロックがかかっている方の対処法としては、

対処法

実績以外で勝てるポイントを見つける

です。

あなたの一番の「売り」はなんですか?

それに、お客様が商品・サービスを購入するのは「実績があるから」だけではありません。

  • 実績
  • 人柄
  • サービス内容
  • 保証
  • 楽しさ
  • 価格

どの部分で安心感を得て「この人なら大丈夫かも」とか、「この商品買いたい」と、思っていただけるかは人ぞれぞれです。

須崎純一
逆に、実績がありすぎる人は近寄りがたいっていうのもあるよね

なので、実績がなくてセールスできない人は、実績以外の部分でカバーしてみましょう

実績以外の売りって?

そして、実績がなくて「クライアントの結果がでなかったらどうしよう…」と不安な方は、「保証」を充実してあげるといいかもしれません。

例えば

  • 「結果が出るまでサービスを延長します」
  • 「結果がでなければ全額返金します」

お客様のリスクをなくすことで、こちらとしてもセールスしやすくなりますし、お客様も安心して購入していただけます。ただし、注意してほしいのが、お客様のために100%全力でサポートはしても、成果がでるかどうかはクライアントの責任ということです。

成果を出すかどうかは相手の課題。

成果がでるように全力でサポートしてあげることが、自分の課題。

良い人ほど「成果がでないのは自分のせいだ」と落ち込んでしまうので、そこはしっかり割り切って考えるようにしましょう。

ココがポイント

実績以外でカバーできるポイントを見つけよう!

2.周りと比べる症候群

「セールス(売る)」に対してのマインドブロック2つ目が「周りと比べる症候群」です。

周りと比べる人の思考例

  • 周りが〇〇円だから、私も〇〇円。
  • 先生より高くするのはダメだよね。
  • 友達は「高い」って言ってるし、安くした方がいいかな。

というように、周りと比べすぎて価格が定まらず、その結果、思うような価格でセールスができなくなるというケースです。

須崎純一
須崎の起業初期の頃の価格設定について、下記の動画でお伝えしていますので、ぜひ参考にしてみてください

私も最初、周りの人の価格相場を参考にして、自分のサービスの価格設定をしていました。しかし、この考え方が間違っていたんですよね。

あなたが提供する商品・サービスの価格に「正解」はありません。

サービスの価格に正解はない

自分のサービスには「価値」がある!と自信を持っているのなら、それに合った価格をつければいいし、自信がない!と思うなら、そもそも売らない方がいいです。

周りの人に「それ高いね」っと言われたり、相場が自分の価格よりも安かったとしても、自分自身が自分の提供するサービスに「価値」を感じているのなら、周りに合わせる必要はありません^^

もりのゆかアイコン(笑)
もりのゆか
もし、「自分の商品に自信を持てないな」と感じているのなら、内容を見直して、ブラッシュアップすることをオススメします

ココがポイント

提供するサービスの価格に「正解」はない

3.勝手に決めつけ症候群

「セールス(売る)」に対してのマインドブロック3つ目が「勝手に決めつけ症候群」です。

勝手に決めつける人の思考例

  • この人は多分買わないだろうな。
  • 主婦だからお金は持ってないかもしれないな。
  • 他の講座に行ってるなら、うちの講座に用はないよな。

というように、自分の勝手な決めつけで「買う」「買わない」を判断してしまい、その結果、見込み客を逃してしまっているというケースです。

勝手な決めつけはNG

本当に欲しければ、お客様は無理してでも「買う」ことを選びます。

須崎純一
確かにマイホームは年収の何倍もするのに買うよね

それに、あなたの商品・サービスを購入することで得られる「価値」は、お客様のためになると思いませんか?相手を見て「この人は買わない人だ」と決めつけていると、本当に助けが必要な人をそのまま放置することにもなりかねません。

ココがポイント

「無理させる」ことが「相手のため」になることもある

4.値引きしたがる症候群

「セールス(売る)」に対してのマインドブロック4つ目が「値引きしたがる症候群」です。

値引きしたがる人の思考例

  • この人は友達だから少し値引きしよう
  • お金がないって言ってるから、少しだけ特別に値引いてあげよう

というように、なにかにつけて値引きしてしまい、その結果、売り上げがあがらず収入が低迷というケースです。

モニターさんなら話は別ですが、ただ、友人だからといってメイン商品を値引きして安売りするのはオススメできません。もし、どうしても値引きをしたいなと思うのであれば、

「サービスの内容」を変更してみる

サービスの内容を少しだけ削減したり、変更して対応をしていきましょう。そうすることによって「値引き」にはなりません。

もりのゆかアイコン(笑)
もりのゆか
もし長期的なサービスだとしたら、提供する期間を短くするのもよさそうね

▼しかし、同時にデメリットもあります▼

値引きをするデメリット

  • 自分の収入がさがる
  • お客様の本気度もさがる

値引きをしてあげることで、お客様は一時的に喜んでいただけるかもしれませんが、成果が出にくくなります。なぜならば、金額の大きさは本気度と比例するからです。

例えば

Aさん 3か月で 5,000円 の起業コンサル
Bさん 3か月で 50万円 の起業コンサル

どちらが本気で「絶対成功しよう!自分を変えよう!」と取り組んでもらえそうですか?

もりのゆかアイコン(困)
もりのゆか
安い料金だと、まっいっか~ってなりそうかも・・・。

それに、高いお金を支払ってまで「絶対成功しよう!自分を変えよう!」と思っている人は主体性が高く、やる気のある方が多いので、お客様としての ‟質” もいい方が多いです。

ロッキー
あ。わかるかも。

つまり、値引きは一時的には喜んでもらえるかもしれませんが、「長い目で見るとお客様のためにならない」ということを覚えておいてください。

ココがポイント

値引きは人助けにはならない

値引きは人のためならず

5.自信ないない症候群

「セールス(売る)」に対してのマインドブロック5つ目が「自信ないない症候群」です。

自信がない人の思考例

  • 断られた・・。もう自信がなくなった。
  • 自分には実力がないのかも。
  • 自分に魅力がないせいで買ってもらえないのかも。

というように「自分には自信も、実力も、魅力もない・・・」とセルフイメージが低下し、その結果、いろいろ考えすぎてセールスできないというケースです。

もりのゆかアイコン(困)
もりのゆか
確かにセールス断られたらショックだよね

こんな自信ないない症候群の人にオススメな対策法は、

「自分」と「原因」を切り離して考える

もしかするとお客様は ”最初から買う気がなかった” だけかもしれません。

そうなると、断られた「原因」は商品・サービスやあなたではなく、ただ「買う気がない」「体験だけ受けてやろうというクレクレ星人」ということだって考えられます。

原因と自分を切り離して考えよう

なので、断られたからといって自分のせいにして落ち込むのではなく、「どこを改善すればもっとよくなりそうか」を考えて次に活かすほうがよっぽどよさそうじゃないですか?^^

須崎純一
その方に「誰か紹介していただけませんか?」と聞いてみるのもありだよね

▼こちらの記事も参考にしてみてください▼

自分に自信がない原因と対処法のアイキャッチ画像
参考「自分に自信がない」たった1つの原因とやるべき3つの対処法

続きを見る

自信や実力がないことを理由にセールスできない気持ち、とってもわかります><

しかし、いつまでもそのままではビジネスは成功しません。どこかのタイミングで「自分に対する捉え方」を変え、セルフイメージを高めることで、セールスに対してもブロックが外れていきますので、ぜひ実践してみてくださいね!

ココがポイント

「原因」と「自分」を切り離して考えよう

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

私も「お金」「セールス」に対してブロックがあったので気持ちがわかります(今も多少あるかも・・w)

でも少しだけ「セールス」に対する捉え方を変えるだけで一気に楽になれますので、ぜひ実践してみてくださいね。

応援しています!最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

お金へのメンタルブロックをなくす方法
【保存版】お金へのメンタルブロックをなくす方法

続きを見る


この記事面白いね!他にも似たような記事はないの?
須崎純一
もりのゆかアイコン(笑)
もりのゆか
でしたらマインドセットのカテゴリーをご覧ください☆

無料で登録する

※登録特典あり!

  • この記事を書いた人

ロッキー

8年間で4社転職→社会不適合と自覚し逃げの起業→貯金をすり減らすも、FXで一発逆転を狙う→200万円の損失→経営塾で修行→起業コンサルデビュー→初クライアントさんが3ヶ月で月収7桁超え→月収8桁超えのクライアントを多数輩出→場所に制限がない「フーテンの寅さん生活」で全国を転々としてます。(本名:須崎純一)

-マインドセット