マインドセット

フリーランスで成功するために必要な6つの能力・スキルとは

2021年3月4日

もりのゆかアイコン(笑)
もりのゆか
こんにちは!
モチベーション担当の森野です

この記事では、フリーランスになったあとに実感した「フリーランスとして成功するために必要な能力・スキル」について詳しく解説していきます。

フリーランスとは

まず、フリーランスとは

”フリーランスは、特定の企業や団体、組織に専従しておらず、自らの技能を提供することにより社会的に独立した個人事業主である。日本では自由業または自由職業とも呼ばれる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

要は、会社に雇われて働くサラリーマンのようなスタイルではなく、
自分の持っているスキルや能力を武器に、自由に仕事をしている人のことを言います。

最近では

■好きなことを仕事にしよう

■得意を活かして起業しよう

という書籍も多く書店で見られるようになったため

「脱サラ(脱!サラリーマン)をして起業・開業をしてみようかな」
と思われてる方がとても多くなっているように感じます。

かくゆう私もその中の一人でした。

「自分の強みを活かせる仕事がしたいな…」「上司にこき使われるサラリーマンなんてもうこりごり。」

きっとこの記事を読んでいるということは、少なからず今の状況に満足されていないのではないでしょうか。

フリーランスで成功するために必要な能力・スキル6選!

フリーランスとなり、しばらくは新たな出発にウキウキしていた私でしたが、
次第に会社勤めとの違いに戸惑いを感じるようになりました。

実際、フリーランスになると

・やらなければならないことが増える
・何もしなければ即、無収入
・全てが自己責任

となります。

せっかくフリーランスになって自由を手に入れたのに

もりのゆかアイコン(困)
もりのゆか
こんなはずじゃなかったぁぁーーー

ということにならないためにも、今のうちに身につけておいた方が良い能力(スキル)を知っておくことが重要です。

結論からお伝えすると、フリーランスに必要な能力は以下の7つです。

フリーランスに必要な7つの能力

  • コミュニケーション力
  • マーケティング能力
  • リサーチ能力
  • 自己管理能力
  • 決断力
  • 行動力

一つずつ解説していきます^^

1.コミュニケーション力

【理由1】コミュニケーションのできる人から仕事が増えていく

フリーランスとなり、特に大事だと感じたのはコミュニケーション能力です。

今の時代、「脱サラして起業したい!フリーランスになりたい!」と思ってる人はたくさんいます。フリーランスが増えるということは=自分の競合(ライバル)も増えるということ。

つまり競合が増えれば増えるほど「仕事の奪い合いになる」のは必然ですよね。

もりのゆかアイコン(困)
もりのゆか
仕事ができればコミュ力はそんなに必要ないんじゃない??

確かに仕事のできる人の所には自然と仕事が集まってきます。

ただ、例えばあなたが仕事を頼む側になったらどんな相手に依頼したいでしょうか?
「仕事ができる」というのももちろんですが、どうせ頼むなら「気持ちよく仕事ができる」方にお願いしたいなって思いませんか?

だってフリーランスは他にもたくさんいますからね。

【理由2】画面越しの相手にも気配り、心配りが必要

業種にもよりますが、自宅やコワーキングスペースなどで仕事をするITフリーランスの場合であればさおさらです。

ITフリーランス(主にWebで完結できる仕事。クライアントが依頼した成果物を納期日までに仕上げて報酬を得るスタイル)は、リアルでの人との接触は少ないため、普段のやりとりはメールやチャットがメインとなります。

しかし、メールやチャットは想像以上に自分の伝えたいことが伝わりづらいうえに、間違った捉え方をされてしまう可能性もありるため、相手へ正しく伝わるように文章を書く必要があります。

もりのゆかアイコン(困)
もりのゆか
だとすれば、文章力さえあれば大丈夫なんじゃないの?

相手にわかりやすい文章を書くということも必要ですが、その前に相手に「嫌な印象を与えない」非言語コミュニケーション能力が必要です。

メールやチャットで誤解を招きやすい原因としては以下の3つです。

注意ポイント

  • 表情や声のトーン、ジェスチャーがない
  • 書いた内容を「どう受け取るか」は相手次第
  • マイナスな言葉はいつも以上に冷たく感じる

メールやチャットを使うことで、瞬時に情報を伝えることができ、、情報共有などもスムーズで仕事の効率がぐんとアップします。

しかし、メールだけでは伝えたいことが伝わらなかったり、相手に意図せず嫌な印象を与えてしまっていたりと、これまでにはなかった問題も起こってきます。

そうならないためにも、「社会人としての最低限のマナー」はもちろん、レスポンスの速さや言葉づかい、メールやチャットなど「見えない相手を気づかう」というコミュニケーション能力がとても重要なポイントになります。

2.マーケティング能力

フリーランスは自分自身が商品

フリーランスになると、個人の力でお客様(クライアント)を獲得していくことになります。

会社にいたら宣伝やお客様(クライアント)の獲得などはすべて「営業部」に任せていたかもしれませんが、フリーランスになると、それらはすべて自分でやらなくてはいけません。

そのため、お客様に自分のことを知ってもらう「宣伝活動」や、利益をあげていく「営業活動」いわゆるマーケティング(自分の商品やサービスを買ってもらうための活動)が必要になります。

サラリーマンだった時は「〇△会社の森野です!」と取引先に名刺を渡せば

  • 会社の知名度
  • 会社の実績
  • 会社の信頼・信用

があったので、さほど苦労することなく相手に自社の魅力を伝えられていたかもしれません。しかしフリーランスとなると自分の経歴やスキル、できることを魅力的に相手へ伝える必要があります

そのため相手に興味をもってもらう話し方や、どういう形で自分がお客様(クライアント)に価値を提供をできるのか、わかりやすく伝える営業トークはもちろん、自分を売り込んでいくためのノウハウは必要となります。

3.リサーチ能力

リサーチ能力とは「情報を集める能力」のことです。

少しマーケティングとかぶってしまうところはあるのですが、情報を集めは個人ビジネスをするうえでとても重要になってきます。

もう少し掘り下げると、

大量にある情報を必要な部分だけ整理してまとめる能力

が必要です。

世の中は情報で溢れかえっています。「知りたいな」と思った情報は検索をかけるとすぐに手に入ってしまう時代です。しかし情報と一言でいっても

  • 自分にとって必要な情報
  • 自分には必要のない情報

があり、中には信頼性のない情報も紛れています。選択肢の多い今だからこそ、正しい情報を収集する能力がより必要となります。

個人で仕事をするフリーランスはどうしても情報が入りにくい

組織に属している方に比べると、個人で活動するフリーランスは情報が入りにくくなります。そのため、新しい情報や話題を素早くキャッチする情報収集力が必要なのです。そのためには

  • 常にアンテナを張り、変化にいち早く気づく
  • SNSなどで同じ業界の方と交流をもってみる
  • 本や情報誌を読んでみる
  • 影響力がある方のブログや動向をチェック

リサーチした情報や知識は人に話したり、自分のSNSで発信することでアウトプットにもなります。
仕事が忙しいと、つい外の世界へ目を向けることを忘れてしまいます。

もりのゆかアイコン(笑)
もりのゆか
新しい情報や知識をリサーチして、自身を高めることもフリーランスとして成功するための欠かせないルーティンのひとつなんだね!

4.自己管理能力

フリーランスの場合、会社に勤務していた時とは違って勤務時間などが決められていません。そのため、自由に「仕事時間が決められる」一方で、「やらないことも選択できる」ということになります。

つまりフリーランスになったあとは、自分の仕事量や1日の作業内容などのスケジュール管理を上手く組むというスキルも求められます。

引き受けた仕事は全て自分で管理しなければならないため、

「いつまでに、どういった順序で、どの仕事をするか」など自分で決めていく必要があります。そのため、さまざまな誘惑から自分を制御し管理する力はとても重要です。

こんな人は注意が必要

  • 先延ばしが習慣になってる人
  • 色んな仕事を詰め込みすぎる人
  • 誘惑にすぐ負けてしまう人

仕事を適切に進めないと納期に間に合わないばかりか、焦って作業してしまった結果、低品質のものを提供してしまうことにもなりかねません。そうなるとお客様からの信頼は一気に落ちてしまいます。

「あれもこれも!」と仕事を詰め込みすぎるのも危険です。パンパンにスケジュールを組んでしまったことで過度なストレスで体調も悪くなり、良くない結果を招く原因となります。

そうならないためにも

自己管理チェックリスト

  • 無理のないスケジュールを組めている
  • 行動をルーティン化できている
  • 毎日脳をデトックスしている
  • 自分のストレス発散方法を知っている
もりのゆかアイコン(笑)
もりのゆか
誘惑に負けない心を作っていきましょ~~

5.決断力

フリーランスになると、ビジネスに関する全てを自分で選択していくようになります。

  • 仕事をするしない
  • どの仕事を受けるか
  • どの作業からやるればいいか
  • どの方向性でいくか

人は一日に約9千~3万回ものの「選択」をしていると言われています。

ただでさえ「選択」が多すぎる中でフリーランスとなると、さらに「選択」することが増え、「選択疲れ」してしまうでしょう。

「どちらがいいだろう…」

「これはするべきか否か…」

選択するということは「決断すること」
決断には「決める力」だけではなく「断る力」も必要となります。

「決断する時間」を少しでも短縮するためには、自分の「価値観」を明確にしておくのがおすすめです。

「価値観」が明確になってると、決断で迷うことがあっても「自分の方向性はこれだからこっち!」「自分の目指すべき道はこれだからこっち!」と長い間ウンウン悩まずにすみます。

もりのゆかアイコン(困)
もりのゆか
決断できないとアレコレ迷いすぎて頭がパンクしますしね…(←経験済み)

6.行動力

フリーランスで成功するために必要な能力、最後に「行動力」です。正直、これがないと何も始まりません><

結局のところ「行動」しないと今の「現実」を変えることはできません。

とはいえ、世の中には

  • 自信がない
  • 不安だ
  • 完璧にしなくちゃと思ってる
  • 忙しい
  • お金がない

などなど、あらゆる言い訳で「行動」しないことを決めている方が多いです。私も実際、いろんな理由をつけては「行動」することを先延ばしにしていたことが山ほどあるので気持ちはわかります笑

なのでここでは今すぐ「行動」をしよう!という話ではなく、

「その行動によって自分の人生はどう変わるのか?」

を、今一度考え、「行動」するための「力」を思い出してほしいんです。

無理やり行動してもそれは長続きしません。

なぜなら行動する動機がはっきりしていないと、「あれ?自分は何のためにやってたんだっけ?」と、モチベーションは一気に急降下!やる気がなくなり、継続することが難しくなります。

もりのゆかアイコン(笑)
もりのゆか
フリーランスで成功するぞぉぉ!

せっかく決めたのなら、その行動する原動力をいつも忘れないでいてください。

もし、明確な動機がないのであれば一度時間をとって考えてみることをオススメします。そうすることで自然と「行動力」はついてきます。

まとめ

これだけ読むと「フリーランスって大変そう・・・」と自信を無くしてしまいそうですが、「やらない理由」を自信がないからにしないでくださいね><

未知なることに足を踏み入れるのは誰でも不安ですし、勇気がいります。私もいまだに勇気が出せずできていないことはたくさんあります(笑)

しかし、「挑戦してみたい」「やってみたい」という気持ちがあればきっと成功できます。

失敗も経験のうち!完璧を目指さず、自分らしく30点でGOの精神でぜひチャレンジし、ワクワクと自信を手にすることを願っています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました^^

【朝習慣】1日を充実させる!朝にやるべき6つのオススメ習慣とは?

続きを見る


この記事面白いね!他にも似たような記事はないの?
須崎純一
もりのゆかアイコン(笑)
もりのゆか
でしたらマインドセットのカテゴリーをご覧ください☆

無料で登録する

※登録特典あり!

  • この記事を書いた人

ロッキー

8年間で4社転職→社会不適合と自覚し逃げの起業→貯金をすり減らすも、FXで一発逆転を狙う→200万円の損失→経営塾で修行→起業コンサルデビュー→初クライアントさんが3ヶ月で月収7桁超え→月収8桁超えのクライアントを多数輩出→場所に制限がない「フーテンの寅さん生活」で全国を転々としてます。(本名:須崎純一)

-マインドセット