未分類

ポジショニングがビジネスの成否を決める!

須崎純一
こんにちは、須崎純一です。

須崎純一のプロフィール

ポジショニングがビジネスの成否を決める!

こんにちは、須崎です。

前回、前々回と
言葉の定義づけ、言語化についてお話しました。

今回は、「ポジショニング」について
お話していきますね。

ビジネスを成り立たせるには、

「商品」×「マーケティング」×「セールス」

この3つをそろえることが重要です。

それぞれ大切ですが、
とりわけ、ビジネスの成否が決まりやすいのは、

「ポジショニング」

です。

「ポジショニング」、
あなたはもう
自分の中で定義づけできてますか??

参考までに
須崎が定義している
「ポジショニング」の意味を載せておきますね。

須崎的ポジショニング

点が取れる場所、
相手の強みを消す場所を
確保する行為。

無競争状態を作ること。
人と被らない部分を見つけること。

とくに、
「人との被らない部分を見つけること」

こそがポジショニングの
最重要ポイントだと思っています。

そして一番簡単なポジショニングは、

競合をリサーチすること

です!

その手順を早速ご紹介します。

競合リサーチの手順

◆STEP1:競合となりうる対象を調べる

調べる対象は、

・いいなとおもう起業家
・理想、憧れ
・ライバル
・上手くやってるな
・嫉妬、妬みの対象、
・周りの評価が高い
・検索する

リサーチ方法は、
ネット検索、FB検索、本屋、テレビ・・・
なんでもあり!

ちなみに、探す時の注意点は

絞りすぎないこと

例えば、

航空会社には
ANA、JAL、大韓航空など様々ありますが、

国内で移動することを考えたら、

航空機以外にも、
新幹線、高速バス、、、

などJRなども競合になってきます。

このように、
航空会社ごとの「直接競合」もあれば、

交通手段ごとの「関節競合」も存在するのです。

お客様にとって
おなじメリットを得られていたら
その時点で競合になってしまうんですね。

また、注意点としては、

「競合が少ない」分野は
ちょっと疑ったほうがいいです。。。

そもそもビジネスとして
稼げない、上手くいく見込み無いかもしれないので。。

◆STEP2:対象を10人(10社)以上をピックアップ

◆STEP3:競合分析

最低限、

・名前
・ホームページ
・サービス内容
・料金体系

はチェックしておきましょう。

余力がある方は、
全部で15の分析ポイントをもとに
分析していきます。

1.ターゲット
2.ベネフィット(利潤)
3.メソッド(方法)
4.どんな「悩み」(願望)を解決しているのか
5.肩書き
6.サービス内容(商品ラインナップ)
7.料金(価格体系)
8.USP→一番の売りはなにか?
9.強みは?弱みは?(もっと強化したほうがいい/不満がでるであろう点)
10.ブログ、メルマガ、You Tubeなどのコンテンツ情報(タイトル、コンテンツ、マーケティングの流れ)
11.キャラクター(雰囲気)
12.サポート内容・体制
13.実績や経歴
14.その他の特徴・特典
15.実際にメルマガやブログに登録してみる

更に、踏み込んだリサーチをするなら、
その方のサービスを受けてみたり、

サービスを受けた人に話を聴いたり
してみてはいかがでしょうか?

◆STEP4:分析ポイントを細分化する、ずらす

分析ポイントをもとに、
さらに細かくしたり、対象をずらすことで差別化します。

例)女性専門、小学生以下子持ち専門

以上STEP1~4の手順どおりにすると、
競合分析ができ、
ニッチな分野で強みを見つけられるはずです(^^)

いかがでしょうか?

他にはない強みを見つけて
あなたしかできないビジネスをつくりましょう!

次回からは、3回に分けて
売れる「コンセプト」の作り方について
お話していきますね。

ではでは~

無料で登録する

※登録特典あり!

  • この記事を書いた人

スザキジュンイチ

8年間で4社転職→社会不適合と自覚し逃げの起業→貯金をすり減らすも、FXで一発逆転を狙う→200万円の損失→経営塾で修行→起業コンサルデビュー→初クライアントさんが3ヶ月で月収7桁超え→月収8桁超えのクライアントを多数輩出→場所に制限がない「フーテンの寅さん生活」で全国を転々と

-未分類

Copyright© 須崎純一のブログ , 2020 All Rights Reserved.