未分類

渋谷No1ラーメン店に学ぶ「メニュー数が少ないことのメリット」

須崎純一
こんにちは、須崎純一です。

須崎純一のプロフィール

渋谷No1ラーメン店に学ぶ「メニュー数が少ないことのメリット」

こんにちは。
ラーメンの記事を書いてから、

無性にラーメンばかり食べちゃって、
カラダが、大きくなりました。

ラーメン、
やっぱり大好き
須崎さん。

です。

さて、本題!

先日、

■食べログ1位のラーメン店、メニュー数は?
という記事を書きました。

食べログ1位のラーメン店、メニュー数は?

続きを見る

で、本日のテーマ

メニューが少ないメリットとは?

渋谷NO1と言われているラーメン屋
「はやし」のメニューは

3つです。

それも

・ラーメン
・味玉ラーメン
・チャーシュー&味玉ラーメン

っていう、

基本「ラーメン」のみのメニューですよ!

味玉&チャーシューは、
注文あれば、乗っけるだけ。

基本「ラーメン」のみです。

でも、、、、

・毎日行列。
・毎日15時に閉店しちゃう。(それでも売上すごい)
・何年も食べログで1位

という状況なんです。

で、、、、

商品が少ないことのメリットとは??

商品が多いほうが
お客様の要望に応えられるやん。

メニュー多いほうが、
より多くのお客さんを獲得できるやん。

と考えるのが一般的かと思います。

でもですよ、
発想を切り替えて、
考えてみてください。

・餃子も無い
・ライスも無い
・ビールも無い

「オラ東京さ行くだ」みたいな
状態になってますが、

これ、、、メリット部分を考えれば、

・餃子も作らなくていい
・ライスも用意しなくていい
・ビールも仕入れなくてい

ってことなんです。

つまり、

・鉄板いらない
・仕込みいらない
・米仕入れなくていい
・炊飯器いらない
・ビール用の冷蔵庫いらない
・などなど

もう、、、、

やらなくていいこと、いっぱーい!

なんです。

もう、超・効率的になっちゃうんです。

メニューが少ないことで、
時間が効率的になって、

そうなると、どうなるか。

空いた時間で、
ビジネスを頑張るって人は、
こんな流れになるのかと思うんです。

ポイント

商品のブラッシュアップに注力できる

商品の質が良くなる

商品が魅力的になる

商品力だけで「集客」できるようになる

ビジネスが上手くいく

いかがでしょう?

渋谷のNO1ラーメン店「はやし」も、
餃子やビールに手をだすことをせずに、

「ラーメン」という商品の
ブラッシュアップに注力しまくっているからこそ、

上記のような流れができて、
いつでも行列が絶えない
人気店になっているのかと思うのです。

 

個人ビジネスこそ、商品数は少なく!

大企業や複数人でビジネスするなら、
担当者つけたり、役割分担したりと、

メニューを増やしても対応できるんですが、

個人ビジネス実践者は、

ポイント

・経営者であり
・商品開発部でもあり
・商品担当者でもあり
・営業マンでもあり
・サービス提供者

でも、あるんです。

やることは、いっぱーい。
ほんと、いっぱーいあるんです。

ってことは、、、
メニュー多いと、、、、

もっと、やること、いっぱーい(゜∀゜)

だからこそ、
商品数は少なくしていかないと、

商品のブラッシュアップに
注力できなくなっちゃうし、

結果、どの商品も、、、
中途半端になっちゃって、

魅力なくなっちゃって、、、
売れなくなっちゃうですよ。。

個人ビジネス実践者なら、
もう、、、、

メニューは1つでOK

これ、鉄板ですからね(゜∀゜)
マジでやったほうがいいっす。

でも、、、

「こわいよ〜、メニュー絞れないよ〜」

って、方は、、、、

渋谷のラーメン「はやし」を
食べに行ってみたほうがいいっす(*´∀`*)

あ、こちらの記事もご参考に(^^)

【現場レポート】飛ぶように売れている1つ3000円のガトーショコラ!?

メニューを絞ると、メリットしかないって分かる本【推薦図書&チョコ】

メニューを絞ると、メリットしかないって分かる本【推薦図書&チョコ】

続きを見る

でも、、、、

ラーメン食べたり、
ガトーショコラ食べたり、
そんなんばっかしてると、

私みたいに、
カラダ、大きくなっちゃいますよ(・ε・)

ほどほどに━━━(゚∀゚)━━━!!!!

ではでは〜(^▽^)

無料で登録する

※登録特典あり!

  • この記事を書いた人

スザキジュンイチ

8年間で4社転職→社会不適合と自覚し逃げの起業→貯金をすり減らすも、FXで一発逆転を狙う→200万円の損失→経営塾で修行→起業コンサルデビュー→初クライアントさんが3ヶ月で月収7桁超え→月収8桁超えのクライアントを多数輩出→場所に制限がない「フーテンの寅さん生活」で全国を転々と

-未分類

© 2020 須崎純一のブログ