未分類

誰もが『同じイメージ』を持てる言葉を使おう!

須崎純一
こんにちは、須崎純一です。

須崎純一のプロフィール

誰もが『同じイメージ』を持てる言葉を使おう!

キャッチコピーや商品説明に
使われてる言葉で、
よく、こんな表現を見かけませんか?

例えば・・・

『普通の人生じゃ嫌だ』
『普通の生き方じゃつまらない』
『普通のママから抜け出したい』

という、、、、

『普通』という表現。。。

これ、友達との会話などで、
使う分には問題ないと思うのですが、

ビジネス、
特にキャッチコピーや
商品説明に使うのであれば、

このまま使っちゃアカンのです。

そこで、今日のテーマ

誰でも同じイメージを持てる言葉を使おう!

例えば

「普通のママ」

という言葉。

これ、人によって
イメージ違いません?

たとえば、

例①

東京・世田谷に住んでいて、
車はBMW。自転車は電動付き。
旦那は経営者で、
お小遣いは旦那から
毎月50万以上貰えてる。

という人にとっての「普通のママ」と

 

例②

千葉・千葉市に住んでいて、
車はプリウス。自転車はママチャリ。
旦那は公務員で、小遣いは自分で
パートして稼いだお金でやりくりしてる。

という人にとっての「普通のママ」

この二人にとっての「普通のママ」って、
全然違うイメージになりません???

 

たぶん、世田谷の人は、
毎週アフターヌーンティーするのが、

「普通」

 

たぶん、千葉の人は、
サイゼリアでドリンクバーで
3時間以上ママ友とお話しするのが、

「普通」

 

これ、私が地元千葉市で
サイゼリア使うときに、
よく見る光景ね(*´∀`*)

みたいに・・・

「普通」って、

ポイント

人によってイメージが違う

ってことっす。

なので、ビジネスで例えば

「普通の人生」
「普通のママ」

とかをキャッチコピーや、商品説明に使うときには

注意ポイント

「ここで使っている『普通な人生』とは、
具体的には○○というような人生です』

のように定義して、使うといいです。

 

『普通」という言葉を使わないのって、
日本語の文章を書くのに、
めちゃくちゃ面倒なので
使った方がいいんすけど、

使うなら、
「ここでいう『普通』とは」を
定義してから、使いましょう。

 

誰もが同じイメージを持てる言葉を使う

「普通」というワードに限らずね。

「輝く」
「キラキラする」
「愛される」

ってワードなども同様ね。

キャッチコピーや商品説明には、

これ、ほんと大事!!!
絶対(゜∀゜)

今、使ってるキャッチコピーや、商品説明に、

「人によっては違うイメージになっちゃう言葉」
使ってるかどうか、、、、、

まずはチェックしてみてくださいまし〜
ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ

ではでは〜

ブレないペルソナの作り方

続きを見る

無料で登録する

※登録特典あり!

  • この記事を書いた人

スザキジュンイチ

8年間で4社転職→社会不適合と自覚し逃げの起業→貯金をすり減らすも、FXで一発逆転を狙う→200万円の損失→経営塾で修行→起業コンサルデビュー→初クライアントさんが3ヶ月で月収7桁超え→月収8桁超えのクライアントを多数輩出→場所に制限がない「フーテンの寅さん生活」で全国を転々と

-未分類

© 2020 須崎純一のブログ