未分類

マズければお代不要!という居酒屋から学ぶ「プロとしてのスタンス」

須崎純一
こんにちは、須崎純一です。

須崎純一のプロフィール

マズければお代不要!という居酒屋から学ぶ「プロとしてのスタンス」

去年、八王子に遊び行った時にたまたま入ったお店があります。

「炭火串焼けむり 四代目 八王子店」

というお店でした。

今、調べたら、八王子に限らず、
都内で何店舗も展開されてるようです。

ちなみに、このお店、
たまたま入った居酒屋さんなのにも関わらず、

めちゃくちゃ
印象に残ってるんです。

その理由は、

マズければ、
お代はいただきません!

って、こんな、すんごい貼り紙してあったからです。

「なぬ!!!??」
と思いましたよ。

こんな強気なお店ある?
まじ、そんなこと言っていいの?
って思いましたよ。

てか、
こんなこと言っちゃうなんて、、、
めちゃくちゃ自分でハードル上げてますやん。

芸人さんが
「今から面白いことしますよ!」
って自分で言っちゃうのと同じくらい、
ごりごりハードル、上げてますやん。

そりゃね、私だって自然と
構えちゃいましたよ。

「ほほう。そんなに自信があるんかい。
どれどれ、本当にそんなに美味いんかい?」

と、すんごーい意地悪な偏見なスタンスで、
料理をパクリと・・・

「あらやだ、美味しい。すんごい、まいうー(゜∀゜)」

でした。

もう、しっかり食べて、
楽しい美味しい時間をすごして、お代を払ってきましたよ(^^)

で、本日のテーマです。

提供する商品・サービスにコミットしよう

お店にとって、
提供する料理やお酒って、商品、またはサービスですよね?

私が提供してるコンサルもしかり、
個人ビジネスをしている人が提供している
セッションや施術も
商品・サービスですよね?

私は、このお店のスタンスから学ぶべきだと思うのが、

商品・サービスを提供するなら
お客さんが求める以上の
「価値」「結果」を提供する。

ということです。
このお店の場合は、
「まずかったらお代はいらない」
というカタチですね。

でも、これを実行するには、
絶対的な自信と経験と何よりも

お客さんに対する向き合い方

がしっかりしてないとできないと思うのです。

決して、全ての方が

「効果が出なかったら、返金します。」
という方法をとるべきというわけではないですが、
お客さんに対して、

・絶対に結果を出す!
・絶対に価値を残す!
・何が何でも変化させる!

というスタンスが持てているかどうかが大事かと思うのです。

ビジネスは、世のため、人のため。

こんなスタンスで
ビジネスしていきたいものですね(^^)

おっと?
こんなサービスあるらしいですよ(・ε・)
「利益保証付きのビジネスコンサル」
http://suzakijunichi.com/

あは。
ではでは〜

好きな人だけお客さんにしちゃっていいーんです!!

無料で登録する

※登録特典あり!

  • この記事を書いた人

スザキジュンイチ

8年間で4社転職→社会不適合と自覚し逃げの起業→貯金をすり減らすも、FXで一発逆転を狙う→200万円の損失→経営塾で修行→起業コンサルデビュー→初クライアントさんが3ヶ月で月収7桁超え→月収8桁超えのクライアントを多数輩出→場所に制限がない「フーテンの寅さん生活」で全国を転々と

-未分類

© 2020 須崎純一のブログ