マインドセット

学び・インプットを脳に定着させる”2つの方法”

須崎
須崎
こんにちは、須崎純一です。

≫須崎純一のプロフィール

起業塾やセミナーに行ったあと、
講師の方のお話って

どれくらい覚えていますか?

「ノートにしっかりメモしたけど

・・・・どういうことだっけ?」

なんて経験
ありませんか?

今回は

「学び」を定着させる“2つの方法”

についてお話します!

 

「学び」を定着させる“2つの方法”

それは

復習 & アウトプット

です!

 

過去に

「復習しなさい!」

と学校や学習塾で
言われてきたと思います。

いわゆる、それですw

 

ちなみに「エビングハウスの忘却曲線」って聞いたことがありますか?

エビングハウスの忘却曲線

人は、覚えたことを

20分後には42%忘れ
1時間後には56%忘れ
1日後には74%忘れているんだそうです(ビックリ!)

このように学術的なデータも出ていますし、

実際に私が通っていた高校でも東大にいくようなレベルの生徒は
頭の良し悪し以前にとにかく、

「復習」

を徹底してしていたように記憶しています。

アウトプットも同時に大切!

アメリカ国立訓練研究所が報告した
「ラーニングピラミッド」(学習定着率)では、

・講義を聞く・・・5%
・読む・・・10%
・音声化・視覚化・・・20%
・実演する・・・30%

・・・

と学習方法の項目ごとに
定着率のデータを出しているのですが、

最後の「他者に教える」

はなんと、

 

「90%」

という圧倒的に高い定着率!

生徒でいるより

「先生」でいる側のほうが
効果的なのです。

 

また、実は、

普段講師をされていなくても
「先生」になれる方法がありますですよ。

それは、

シェア会、レポ、レクチャーをすることです。

学んだことをすぐに復習し、
そのあとはお知り合いやお友達に
「こんなことを学んだよ!・・・」
と直接シェアしたり、

ブログやFacebookに
レポを投稿したり
されてみてはいかがでしょう?

 

ぜひ、
復習&アウトプット
していきましょ!

あ、須崎のオンラインサロンのレポも、ウェルカムです(^▽^)

復習&アウトプットをしよう!