YouTube ツール・ガジェット

【2021年最新】YouTubeとVimeoの違い/動画配信サービスを徹底比較

2021年6月19日

須崎純一
こんにちは、須崎純一(ロッキー)です。
プロフィールはコチラ

今日は、「YouTube」と「Vimeo」の違いについて詳しく解説していきます。

YouTubeとVimeo

「YouTube」・「Vimeo」の違い

今日は動画投稿サイトの「YouTube」と「Vimeo」を比較していきます。
多くの方は「動画を投稿しよう!」と思ったら、YouTubeを思い浮かべるのではないでしょうか。

もりのゆかアイコン(笑)
もりのゆか
そうですね。…え?他にもあるんですか?
須崎純一
今日はVimeo(ビメオ)という動画投稿サイトをご紹介するよ!

それでは早速、「YouTube」と「Vimeo」にはどんな違いがあるのか、具体的に説明していきます。

▼お得にVimeoを利用できるキャンペンコードはこちら▼

VIMEOのキャンペーンサイトをみる

1.コンセプトの違い

まず「YouTube」と「Vimeo」のコンセプトから違いを見ていきましょう。

YouTubeのコンセプト

誰でも気軽に動画投稿を楽しめる動画配信プラットフォーム

Vimeoのコンセプト

映像作家や映画監督、クリエイター、デザイナーなどがクオリティの高い映像作品を公開する場所

YouTubeとVimeoのコンセプトにはこんな違いがあります。

もりのゆかアイコン(笑)
もりのゆか
コンセプトだけを見ると、YouTubeの方はサービスを使用するターゲットを絞ってない感じがして、Vimeoの方は映像(動画)にこだわりのある人向けのような感じがしますね

2.利用料金の違い

続いて、利用料金の違いです。

YouTubeは誰でも気軽に動画をアップでき、楽しめるというサービスですので、基本的に全ての機能が無料で使えます。
しかも1日にアップロードする動画に制限はありません。

一方Vimeoは、

  • 無料アカウント
  • 有料アカウント

があります。それらの主な違いはストレージの容量です。

▼こちらがVimeoのプラン一覧です▼

Vimeo料金

Vimeoでは、一番安いプランでも月々700円の利用料金がかかります。

須崎純一
ちなみに、YouTuneと同等に動画のアップロードを制限なくすためには、月々5,000円のプランに申し込まなくてはいけないよ
もりのゆかアイコン(困)
もりのゆか
月に5,000円は高いな〜。。

Vimeoのプランは、

Basicプラン 無料
Plusプラン 月々700円
Proプラン 月々2,000円
Businessプラン 月々5,000円
Premiumプラン 月々7,500円

があり、利用料金をたくさん支払うほど、高度な機能が使えるようになります。
≫プラン詳細はこちら

つまり、Vimeoは動画を投稿するにあたって利用料金を支払わなけばならない上に、料金によってアップロード制限が異なるという点がYouTubeとの違いになります。

ちなみにVimeoの無料プランに「Vimeo Basic」というプランがあります。
▼無料プランでアップロードできる動画容量が以下の通りです▼

  • アップロードできる容量は週に500MB
  • 総容量上限は5GB

Vimeo Basic

須崎純一
すこ〜しだけなら無料でも動画をアップロードすることができるんだね

▼お得にVimeoを利用できるキャンペンコードはこちら▼

VIMEOのキャンペーンサイトをみる

3.広告の有無の違い

次は、広告の有無の違いです。

YouTubeで動画を見ているときに、動画の最初、途中、最後に広告が流れたことはないですか?

もりのゆかアイコン(困)
もりのゆか
ありますね

Vimeoでは広告表示は一切ありません。

なぜなら、Vimeoは利用者さんから支払われる毎月の利用料金で事業が成り立っているため、広告をつける必要がないからです。

広告の有無

4.稼ぎ方の違い

次は、稼ぎ方の違いです。

「YouTube」で収入を得るためには、バナー広告やプレロール広告などの広告収入やスーパーチャットなど、さまざまな方法があります。
(※チャンネル登録者数や再生時間などの条件あり)

一方Vimeoの場合は、まず有料プランへアップグレードすることが条件です。
その後、動画をレンタルしたり、自分の動画のファンに販売や、サブスクライブ(定期購入)を選択する方法があります。

Vimeo Pro

もし、

これから動画でお金を稼ぎたい

と思っている方がいるとしたら、あまりVimeoはお勧めしません。その理由は以下の通りです。

動画投稿初心者にVimeoをオススメしない理由

  • 動画投稿するために利用料金が発生する
  • 自分の動画が視聴されただけでは収入にはならない
  • 動画の販売やサブスクライブしてもらうための戦略を考える必要がある

すでに自分のファンがたくさんいる方ならいいかもしれませんが、イチから動画投稿を始める方はまずYouTubeの方がメリットが大きいです。

須崎純一
YouTubeで動画がバズれば、広く拡散されるしね!

5.Wi-Fiの必要度の違い

次はWi-Fiの必要性の違いです。

YouTubeや他の動画配信サイトなど、高画質な動画は容量が大きいのでモバイル環境だとスムーズに再生できず、低画質での再生になってしまいます。

もりのゆかアイコン(困)
もりのゆか
確かにWi-Fiがないとデータ容量もあっという間に制限が来ちゃいますよね

一方、Vimeoは動画をあらかじめスマートフォンにダウンロードし、後からオフラインで視聴できる機能が備わっています。

この機能があることで、自宅のWi-Fi環境で動画をダウンロードしておけば、外出先でも動画を見ることができます。
(※スマートフォンのみの機能)

Vimeoアプリで無料登録して、

Vimeoアプリ

オフラインで見たい動画を「オフラインリストに追加」をタップしたら

オフラインリストに追加

ダウンロードが始まります。

ダウンロード

ダウンロードした動画は、Vimeoマイページの「鑑賞」→「オフライン」から見ることができます。

鑑賞

もりのゆかアイコン(笑)
もりのゆか
へえ!便利!

ちなみにYouTubeにもオフラインで視聴するためのボタンがあります(スマホのみ)

オフライン視聴

しかしこの機能は「YouTubeプレミアム」に加入しないと使えません。

YouTubeプレミアム

6.公開設定の違い

最後に、公開設定の違いです。

「YouTube」の動画の公開範囲は3種類あります。

YouTubeの公開範囲

  • 公開
  • 限定公開
  • 非公開

一方、Vimeoは”限定公開”に関する機能を細かく設定することができます。

ポイント

  • 動画にパスワード設定
  • 指定のサイト内でしか再生できない設定

YouTubeの限定公開の動画は、第三者にURLをシェアすることで、その人も動画が視聴できますが、
動画にパスワードを設定しておけば、URLが流出してもパスワードを知らない人には動画を見ることができません。

この他は

  • メルマガ読者限定
  • 自社ホームページやLP限定

のように公開できるサイトを限定することもできます。

▼お得にVimeoを利用できるキャンペンコードはこちら▼

VIMEOのキャンペーンサイトをみる

まとめ

ぜひ、自分に合う配信サービスを選んでビジネスを盛り上げていきましょう。

須崎純一
その他にも、Googleに関する記事・ZOOMに関する記事などもありますので、ぜひご覧ください。

>>Googleに関する記事はこちら

>>ZOOMに関する記事はこちら

Clipyの使い方とインストール方法
【保存版】Mac最強コピペアプリ「Clipy(クリッピー)」の使い方とインストール方法

続きを見る

無料で登録する

※登録特典あり!

  • この記事を書いた人

ロッキー

8年間で4社転職→社会不適合と自覚し逃げの起業→貯金をすり減らすも、FXで一発逆転を狙う→200万円の損失→経営塾で修行→起業コンサルデビュー→初クライアントさんが3ヶ月で月収7桁超え→月収8桁超えのクライアントを多数輩出→場所に制限がない「フーテンの寅さん生活」で全国を転々としてます。(本名:須崎純一)

-YouTube, ツール・ガジェット