おすすめの本

文章力・ライティング力を上達させたい人にオススメの本

須崎純一
こんにちは、ロッキーです。
プロフィールはコチラ

書く能力があったらなぁ。ライティングが上手くなればなぁ。と、いつも思ってます。文章が上手な人のブログなどを読めば読むほど、「ああ、自分には、なんでこんな能力がないんだ。とガッカリすること、よくあります。

でも、そんな文章が上手な人たちに「どうやったらライティングは上達しますか?」と聞くと、こんな答えが返ってきます。

「勉強したんだよ。僕も下手だったからね。」

なるほど。初めから文章が上手な人の方が珍しいですね。

「学ぶ→書く→見直す→学ぶ→書く→見直す」

この繰り返しが文章上達の道のりです。ということで、今回は文章力をあげるためにオススメの本を紹介します!

バカ売れキーワード1000 堀田 博和 ()

辞書のようにその時使えるキーワードや言葉がジャンル分けされて、整理されて掲載されています。読むというより、「使う」本ですね! これはマストアイテムです!

全米NO.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術

ジョセフ・シュガーマン (著), 金森 重樹 (翻訳)

いかに顧客視点で文章を書かなければいけないか。 そのノウハウが詰った一冊です。

この本を実践して文章を書いた人は、 「はるかに前よりもいいね」と言われます。

書くのがしんどい 竹村 俊助(著)

まさに書くのがしんどくて、手に取った本。ちょっとだけ立ち読みして、即購入しました。

文章が上手な人は、「はじめに」や「もくじ」を読んだだけで、「わあ、この人、わかりやすいー」と思わせてくれるもの。この本は、まさに分かりやすいが最前線に出てくるような本でした。

また、書くことの心のブロックも解除してくれるような優しい本でもあります。つい書くことに手が止まってしまう、完璧主義で書けない。そんな人にはおすすめです!

 

 

無料で登録する

※登録特典あり!

  • この記事を書いた人

ロッキー

8年間で4社転職→社会不適合と自覚し逃げの起業→貯金をすり減らすも、FXで一発逆転を狙う→200万円の損失→経営塾で修行→起業コンサルデビュー→初クライアントさんが3ヶ月で月収7桁超え→月収8桁超えのクライアントを多数輩出→場所に制限がない「フーテンの寅さん生活」で全国を転々と

-おすすめの本

© 2021 脱サラダ